ご挨拶

 

  総合バルブコンサルタント株式会社は、

 設立以来、バルブ開発・設計及び営業

 技術の経験を生かし、バルブに係わる

 全ての法人に対してバルブの技術情報

 を提供してまいりました。今後とも、

  志を同じくするバルブ技術者を結集し、

 バルブ技術コンサルタント会社として

 社会に貢献してまいります。

 

                      代表取締役 清水文泰                            

                            

        

 

   1976 慶應義塾大学工学部(現:理工学部) 卒              

        1976 東洋バルヴ株式会社 入社

        設計部長、営業技術部長

                       歴任

  2001-2010(一社)日本バルブ工業会 技術分科会長

  2011 東洋バルヴ株式会社 退社

  2011 総合バルブコンサルタント株式会社

                    設立

  公益社団法人 石油学会会員

  公益社団法人 空気調和・衛生工学会会員

職歴

【開発・設計】

 ・日本で初めて二枚羽衝撃吸収式逆止め弁を開発

 ・各種バタフライ弁の開発設計

 ・工業用ステンレス弁他工業用鋼製弁開発設計

 

【認定・認証取得支援】

 ・ISO 9001、JIS認証、高圧ガス認定、消防性能認定、水道用バルブ認証

 

【海外バルブ調査、工場サーベイ】

  中国、台湾、韓国、タイ、インド、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、

  マレーシア、フィリピン

 

【バルブの規格制定・改訂委員歴任】

 ●JIS(日本工業規格)

  B 2071(鋼製弁)     B 2032(ウェハー形ゴムシートバタフライ弁)

  B 0100(バルブ用語)   B 2003(バルブの検査通則)

 ●JPI(日本石油学会規格)

  JPI-7S-67(石油工業用バルブの基盤規格)          JPI-7S-57(軽量形鋼製小形弁)

  JPI-7S-46(鋳鋼製フランジ形突合せ溶接形弁)  JPI-7S-36(鋼製小形弁) 

 ●JV(日本バルブ工業会規格)

  JV 3(バルブユーザーガイド)  JV 9(工業用偏心形バタフライ弁)

  JV 12(高温用非石綿ジョイントシートガスケットの選定基準)

 

【主な執筆】

・API Std. 600第11改訂の目的と要点(配管技術/日本工業出版)

・第6章 圧力-温度基準(バルブ便覧/日本工業出版)

・建築設備用バルブの種類と使われ方(設備と管理/オーム社)

・建築設備用バルブのトラブル事例と留意点(空衛/(公社)日本空調衛生工事協会)

・給湯用バタフライ弁EPDM製ゴムシートの短期劣化とその対策(給排水設備研究)

 

【外部研究委員】

・水系消火設備に用いる配管に係る性能基準研究(財団法人日本消火設備安全センター)

・高温用非石綿ジョイントシートガスケットの高温性能評価研究(社団法人日本バルブ工業会)

・超高耐久オールステンレス供用部配管システムに関する技術開発(国土交通省助成事業)

   

 

      技術顧問 萩原光一

 

       1976 早稲田大学 大学院  理工学研究科

              金属工学専攻  修了         

       1976   ㈱ 北澤バルブ(現 ㈱キッツ)入社

       2004   ㈱ キッツメタルワークス転籍

                  取締役 技術開発部長

       2016  ㈱ キッツメタルワークス退社